日本DMORT研究会のページ

 

日本DMORT研究会のご案内

 

  2005年4月25日のJR福知山線脱線事故においては、現場でトリアージが行なわれ、黒タッグをつけられた犠牲者

 (黒タッグ患者)は現場で死亡確認され病院に搬送されず、それが病院の混乱を回避したと報告されています。

  しかし、この黒タッグ患者の扱いについて、あるいは遺族の心のケアや遺体に接する救援者のメンタルヘルスなどに

 おいては、様々な課題が残されました。

   

 米国ではDMATの特殊チームとして医師、看護師、検視官、法医学者、歯科医などからなる「災害死亡者家族支援

チーム(DMORT=Disaster Mortuary Operational Response Team)」が災害現場や死体安置所に急行し、

遺体の識別や修復、遺族への連絡とこころのケア、検視検案を行なっているといわれています。

 わが国においても、多数の死傷者が生じる災害(大事故)における遺族・遺体に関わる様々な問題についての検討が

必要と思われ、2006年秋、「日本DMORT研究会」が発足いたしました。主な活動内容は以下の通りです。

 

1)災害現場で家族(遺族)支援を行う派遣チーム(現場DMORT)の組織作り

2)長期にわたる遺族支援に向けてのネットワーク作り

3)黒タッグや急性期のグリーフケアに関しての啓発・研修活動 

        

 「災害医療」に携わる皆さまの中で、関心をお持ちの方は是非ご参加ください。

 定例会や研修会の開催場所は阪神地区が中心となりますが、メールなどを通じて情報交換できたらと考えています。

 ご興味のある方は、下記の事務局までご連絡ください。

 

  <代表>

吉永和正(協和マリナホスピタル院長)

  

  <事務局長>

村上典子(神戸赤十字病院心療内科部長)

  

  <幹事>

長崎 靖(兵庫県監察 医務官) 
山崎達枝(東京医科大学医学部看護学科准教授) 
黒川雅代子(龍谷大学短期大学部准教授)

  

  <世話人>

久保山一敏(京都橘大学健康学部救命救急学科教授) 
秋冨慎司(防衛医科大学校救急部兼防衛医学研究センター外傷研究部門講師)
石井史子(岡山赤十字病院医療社会事業部長)
中川 隆(愛知医科大学災害医療研究センター教授)
北川喜己(名古屋掖済会病院副院長・救命救急センター長)
主田英之(兵庫医科大学法医学講座講師)
植田由紀子(臨床心理士) 
河野智子(京都第1赤十字病院看護師) 
久保田千景(純真学園大学保健医療学部看護学科) 
大庭麻由子(兵庫県災害医療センター看護師) 
立松美穂(国立病院機構名古屋医療センター看護師) 
岸野真由美(横浜市立みなと赤十字病院看護師) 
静観雅子 (神戸赤十字病院) 
幾田雅明(東京消防庁デブリーファー)
笠井武志(香川県坂出市総務部職員課危機監理室) 
野口理恵子(横浜市病院協会看護専門学校専任教員)

淺田恒生

    

  <アドバイザー>

本間正人(鳥取大学医学部救急災害科教授) 
井 清司(熊本県赤十字血液センター所長)
松本 尚(日本医科大学千葉北総病院・救命救急センター教授) 
冨岡譲二(社会医療法人緑泉会整形外科米盛病院 副院長・救急部長) 
中村通子(朝日新聞大阪本社) 
重村 淳(防衛医科大学校精神科学講座准教授) 
橋爪謙一郎(株式会社ジーエスアイ代表取締役・エンバーマー) 
柳田多美(大正大学人間学部臨床心理学科准教授)

   

  <監事>

中山伸一(兵庫県災害医療センター・センター長)
鵜飼 卓(兵庫県災害医療センター・顧問)

  

  <事務局 補佐> 中ノ森 亮、河野益大

 

(敬称略)          

 

<問い合わせ先(事務局)>

  

村上典子  

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-3-1 神戸赤十字病院心療内科 気付

TEL 078-231-6006  FAX 078-241-7053

問い合わせメールアドレス: dmort.jimukyoku@gmail.com

  

*原則、メールでのお問い合わせにご協力ください。

 
(平成28年4月18日現在)    
   
東日本大震災、熊本地震の被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。
日本DMORT研究会では、次のマニュアルを作成していますので、ご活用いただければ幸いです。
       (下線部をクリックしてください。PDFファイルで開きます。)
災害支援者メンタルヘルス・マニュアル    〜災害支援の専門職の方へ〜
 

家族(遺族)支援マニュアル(東日本大震災版)  日本DMORT研究会編*

      〜医療救護班・行政職員などの方へ〜