このページの先頭です

本文へ移動

ここから本文です

新着情報

2009/08/21

国内救護2009/08/21 兵庫県台風第9号災害への兵庫県支部の対応

診療にあたる姫路赤十字病院医師と診療を受ける被災者

診療にあたる姫路赤十字病院医師と診療を受ける被災者

点滴治療を受ける被災者

点滴治療を受ける被災者

巡回診療中手当をする医療スタッフ

巡回診療中手当をする医療スタッフ

赤十字防災ボランティアによる清掃ボランティア

赤十字防災ボランティアによる清掃ボランティア

炊き出しの順番を待たれる方々

炊き出しの順番を待たれる方々

 佐用町を中心とする台風第9号災害について、日本赤十字社兵庫県支部では、佐用町に医療救護班を派遣し、佐用町立久崎小学校に救護所を設置、24時間体制で診療すると共に、巡回診療も行いました。

 被災地の医療機関が順次診療を再開したこと、救護所の初診患者が数名となったことから、兵庫県災害対策本部会議での協議のうえ、8月20日昼12時をもって、赤十字救護班の活動を終了しました。

 8月10日からの11日間に派遣した救護班は、延べ延べ16班147人となりました。また、取り扱い患者数は、580人に達しました。

 また、被災者の皆さんへの救援物資の配布やボランティアを派遣し、清掃の手伝いや炊き出しを実施しました。

 詳細については、こちらをご覧ください。

添付資料をダウンロードする(pdfファイル 約120KB)

このページの先頭へ