このページの先頭です

本文へ移動

ここから本文です

新着情報

2004/01/17

国内救護1995年1月17日発生 阪神・淡路大震災での災害救護活動

倒壊した阪神高速道路

倒壊した阪神高速道路

神戸赤十字病院でも多くの負傷者が運び込まれました。

神戸赤十字病院でも多くの負傷者が運び込まれました。

避難所での診療活動

避難所での診療活動

自衛隊と赤十字救護班の連携による負傷者の搬送

自衛隊と赤十字救護班の連携による負傷者の搬送

バイクボランティアの皆さんによる支援活動

バイクボランティアの皆さんによる支援活動

赤十字奉仕団の皆さんによる炊出し

赤十字奉仕団の皆さんによる炊出し

被災地へ皇后陛下が慰問

被災地へ皇后陛下が慰問

1 被害の状況
 
 平成7年(1995年)1月17日午前5時46分、兵庫県淡路島北部を震源地とするマグニチュード7.3の地震が、神戸市をはじめその周辺地域及び淡路島北部を襲いました。
 各地に大きな被害をもたらしたこの地震では、死者約6千人、被災者80万人と多くの方々が被害に見舞われました。

 ■ 兵庫県内の被害状況
    死者数  6,402名
    負傷者数  40,092名
    行方不明者数  3名
    家屋被害(全半焼壊) 248,412棟、448,930世帯


2 日本赤十字社の活動

 日本赤十字社では、震災発生とともに直ちに救護活動を行いました。
 北海道から沖縄までの日本赤十字社各支部から延べ約6,000人にも及ぶ医療救護員を各地の被災地へ派遣し、避難所などで活動を行いました。

 この災害では、ボランティアの皆さんが大活躍され、交通整理や救援物資の荷降ろし、さらには被災者の方々への配分など幅広い活動にあたりました。

 また、義援金の受付窓口には、全国から260万件、1千億円を超える記録的な善意が寄せられたほか、20を超える姉妹赤十字社からも多額の救援金が寄せられました。

 日本赤十字社では、この災害をひとつの教訓として、一層の災害救護体制の充実を図っています。

 ■ 救護活動の記録
   (1)医療救護班の派遣 
      延べ981個班(延べ5,959人)
   (2)負傷者の救護 
      約40,000人
   (3)被災者への救援物資の配分 
       約420,000点
        → 毛布 83,525枚
           日用品セット 66,027個
           お見舞い品セット 10,953個
           電気ジャーポット 38,350個 など
   (4)活動した防災ボランティア数 
      延べ1,898人
   (5)物資搬送スタッフ 
      延べ1,538人
   (6)災害義援金(日赤受付額)
      1,027億円
   (7)その他  
      こころの相談電話、血液の供給などを行いました。








このページの先頭へ