このページの先頭です

本文へ移動

ここから本文です

新着情報

2008/11/06

お知らせ兵庫県声の図書赤十字奉仕団の皆さんが“兵庫県社会賞”を受賞されました。

東田兵庫県支部事務局長に報告される片山奉仕団委員長

東田兵庫県支部事務局長に報告される片山奉仕団委員長

兵庫県社会賞の表彰状とブロンズ像を手にされる片山奉仕団委員長

兵庫県社会賞の表彰状とブロンズ像を手にされる片山奉仕団委員長

井戸兵庫県知事から賞の贈呈を受ける片山奉仕団委員長

井戸兵庫県知事から賞の贈呈を受ける片山奉仕団委員長

祝!このたび兵庫県声の図書赤十字奉仕団の皆さんが“兵庫県社会賞”を受賞されました。



11月5日(水)兵庫県公館において、兵庫県四賞(文化・科学・スポーツ・社会賞)の授賞式が行われ兵庫県声の図書赤十字奉仕団の皆さん(175人)が「兵庫県社会賞」を受賞、井戸兵庫県知事から片山奉仕団委員長へ表彰状とブロンズ像が贈呈されました。


兵庫県四賞は、文化、科学、スポーツ、社会の各分野で優れた功績のあった方々に贈られる賞で、今回は個人22人と2団体が受賞され、受賞者の中には、元宝塚歌劇団のトップスター「鳳 蘭さん」や博士の愛した数式で有名な作家「小川 洋子さん」、全日本バレーボール選手の「栗原 恵さん」などもおられます。


兵庫県声の図書赤十字奉仕団は、昭和38年4月の結成以来、45年間に亘り、視覚障がい者(リスナー)の人たちのために本や生活に関連した新聞記事などをテープに録音、音声化するなどのボランティア活動に永年取り組んでこられたことが高く評価され今回の受賞となりました。


現在は全国にいるリスナー約300人の皆さんに、年間12,000本の録音テープの発送、また今年度からはデイジー図書(CDに音声情報を記録した図書)の作成・発送も併せて行なっています。

このページの先頭へ