日本赤十字社 兵庫県支部 地域赤十字奉仕団
ホーム 活動状況 研修会・つどい・大会 登録団員一覧表
 
平成28年度の活動
○「さよう健康フェスティバル」に参加しました

 

 平成29年1月29日(日)さよう文化情報センター(佐用郡佐用町佐用)で「さよう健康フェスティバル」が開催されました。

 来場者向けに「食育コーナー」「脳トレ」や「いきいき百歳体操」の体験、「血管年齢測定」などの多彩なブースが展開され、兵庫県支部は赤十字のPR活動として、1ブースを赤十字救急法のミニ講習を実施し50人を超える方達に参加いただきました。

 

 また佐用町赤十字奉仕団16名が炊出し訓練の一環として参加され、五目御飯を無料で約200食振舞われました。

 また、スタンプラリーのクイズには「赤十字事業のうち1つをお答えください」とあったことから、多くの参加者が赤十字事業について学ばれ関心を持っていただきました。

 
 
○「ひょうご安全の日のつどい」に参加しました

 

 兵庫県赤十字奉仕団が「ひょうご安全の日のつどい」の交流広場で炊出しを実施されました。

 阪神・淡路大震災の発生から22年が経過した今日も、震災を風化させないよう兵庫県主催の「ひょうご安全の日」が、平成29年1月17日(火)晴天の下、開催されました。

 交流広場(なぎさ公園(神戸市中央区脇浜海岸通り))では、兵庫県赤十字奉仕団(17名)による豚汁の炊出しを実施して頂きました。来場者の皆さんに無料で振る舞われ、用意された約600食の豚汁は、開始からわずか30分ほどで終了しました。

 

 来場者の中には「この豚汁は本当に美味しくて体が温まります。食材に色々と工夫を凝らしているのでしょうね」と奉仕団の方達に話しかけ、楽しく会話をされている方が印象的でした。

 

 

○地域赤十字奉仕団員研修会を開催しました

 

○西播磨赤十字奉仕団研修大会、香美町赤十字奉仕団災害救護訓練、上郡町赤十字奉仕団防災学習

  を開催しました

○平成28年度第1回地区赤十字奉仕団委員長会を開催しました
○中播磨地区赤十字奉仕団員研修会が実施されました
○揖保川水防演習で炊出し訓練を実施されました

 平成28年5月14日(金)、揖保川河川敷で「揖保川水防演習」が開催されました。

 この訓練では、揖保川が大型台風で氾濫し、多くの住民が浸水区域に孤立した状態になっているとの想定の中での救出活動、救護活動を行いました。

 今回の水防演習に、たつの市赤十字奉仕団員8名、姫路市赤十字奉仕団員8名、太子町赤十字奉仕団員6名がされました。

 地域奉仕団員の皆さんは、参加者・来客者の皆さんを被災者と想定した1000食のアルファ化米の炊出し訓練をされ、自衛隊との協力のもと、素麺・飲料水と一緒に参加者・来客者の方々に振舞われました。

 訓練当日は快晴となったため、家族連れなど多くの来客者で賑わい、振舞われた炊出し・素麺・飲料水は全てを配りきる盛況振りでした。

 

 
○姫路市地区赤十字のつどいが開催されました

 平成28年5月13日(金)、イーグレ姫路で「姫路市地区赤十字のつどい」が開催され、奉仕団員約50名が参加されました。

 赤十字奉仕団員の信条朗読で始まり、石見姫路市地区長(市長)及び岩田赤十字奉仕団委員長からの挨拶がありました。

 その後、「ひょうごの赤十字この一年 平成27年」をビデオ鑑賞しました。

 講習会では、「AEDを使った一次救命処置」と「三角巾を使ったきずの手当て」の実技を実践されました。

 参加された奉仕団員からは様々な質問が飛び交い、人の命を救う赤十字精神の「人道」そのものと言える有意義な研修となりました。

 

○ナイチンゲール聖誕祭が開催されました

 平成28年5月12日(木)快晴の空の下、川西市花屋敷の閑静な住宅街の一角でナイチンゲール生誕祭が開催されました。

 開会に先立ち、川西市赤十字奉仕団 岡田委員長が挨拶をされ、参加者一同が4月に発災した熊本地震で亡くなられた方達の冥福を祈り黙祷を捧げました。

 また、大塩川西地区長(市長)・市議会議員等を招き、ナイチンゲールの功績を称え、献花を捧げました。

 最後に、あこがれの赤十字を合唱し奉仕団活動の更なる活性化を誓いました。

 

 ○川西市赤十字奉仕団大会が開催されました

 4月27日(水)川西市役所で「第59回川西市赤十字奉仕団大会」が開催され約40人の団員が参加されました。

 冒頭のあいさつで岡田須美子委員長より、平成28年熊本地震に対する募金活動を発災直後の4月19日(火)に行ったとの報告がありました。 

 続いて藤原事務局長より、この度のような地震に対する救護体制の充実と強化を図るため、新たな災害救護拠点を三木市に整備する計画で進めていること、国際活動として兵庫県下の赤十字病院の看護師が、現在も「ハイチ共和国」「ヨルダン共和国」「ケニア共和国」で国際救援・開発協力要員として活動していることを報告し、引き続きのご支援をお願いしました。

 
岡田委員長 開会あいさつ
 

 

平成25年度の活動状況(ここをクリック)

平成24年度の活動状況(ここをクリック)

平成23年度の活動状況(ここをクリック)
平成22年度の活動状況(ここをクリック)
平成21年度の活動状況(ここをクリック)
平成19年度の活動状況(ここをクリック)
平成18年度の活動状況(ここをクリック)
問合せ先:【問合せ先】日本赤十字社兵庫県支部 事業部奉仕課 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-4-5  Tel:078-241-9889 Fax:078-241-6990
Copyright(C)2005 Japanese Red Cross Society Hyogo Chapter.All rights reserved.