日本赤十字社 兵庫県支部 地域赤十字奉仕団
ホーム 活動状況 研修会・つどい・大会 登録団員一覧表
?
平成20年度の活動状況
○  平成20年度第2回地区赤十字奉仕団委員長会が開催されました。

 平成21年3月17日(火)午後1時30分から、ひょうご女性交流館において平成20年度第2回地区赤十字奉仕団委員長会が開催されました。

 本委員長会には赤十字奉仕団委員長34人、各地区担当者33人及び支部職員10人、計76人が出席し、平成20年度兵庫県支部事業報告及び平成21年度事業計画の説明に続いて、平成20年度モデル奉仕団6団による活動事例発表等が行われました。

北野兵庫県赤十字奉仕団委員長の挨拶
活動事例発表
 
○  平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会(神戸・阪神・淡路地域対象)を開催しました。
 平成20年12月15日(月)兵庫県支部7階大会議室・講習室において、平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会を開催しました。当日は、神戸市東灘区、灘区、中央区、北区、長田区、須磨区、垂水区、西区、尼崎市、西宮市、洲本市、芦屋市、川西市、三田市、南あわじ市、淡路市の各赤十字奉仕団から団員63人が参加され、午前中は赤十字の歴史や国際赤十字について長谷川赤十字指導講師から講義があり、午後からは非常食体験、日本赤十字社の災害救護活動や災害時高齢者生活支援講習を受講しました。参加された奉仕団員の皆さんは、講義に熱心に耳を傾けるとともに、実技にも積極的に取組んでいました。
長谷川講師の講義 毛布・タオルケットによるガウン
リラクゼーション
 
○  平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会(西播磨地域対象)を開催しました。
 平成20年12月4日(木)兵庫県龍野庁舎2階第6会議室において、平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会を開催しました。当日は、たつの市、相生市、赤穂市、宍粟市、佐用町、太子町の各赤十字奉仕団から団員25人が参加され、午前中は赤十字の歴史や国際赤十字について兵庫県支部日下奉仕課長から講義があり、午後からは非常食体験、日本赤十字社の災害救護活動や災害時高齢者生活支援講習を受講しました。参加された奉仕団員の皆さんは、講義に熱心に耳を傾けるとともに、実技にも積極的に取組んでいました。
災害時生活支援講習
リクレーション
毛布・タオルケットによるガウン
 
○  西宮市赤十字奉仕団大会が開催されました。

 平成20年11月27日(木)に西宮市のフレンテホールにて西宮市赤十字奉仕団大会が開催され、多くの奉仕団員の参加がありました。

 西宮市赤十字奉仕団の池田委員長から赤十字の奉仕団信条を信念に奉仕活動を続けていきたいとの挨拶がありました。続いて、日本赤十字社兵庫県支部岩崎事務局次長から池田委員長に赤十字の広報特使である藤原紀香直筆の色紙を手渡しました。また今回の講演会では兵庫県赤十字血液センターの藤田副部長から献血の現状について講演を行い、積極的な献血活動への協力のお願いを行い、大会は成功裏に終了しました。
池田委員長挨拶
岩崎次長から色紙の贈呈
藤田副部長講演
 
○  第4ブロック(近畿ブロック)赤十字奉仕団委員長会議を開催しました。

 平20年11月25日(火)神戸東急インにおいて、第4ブロック赤十字奉仕団委員長会議が開催されました。

 会議は兵庫県赤十字奉仕団北野委員長の挨拶に始まり、京都大学防災研究所巨大災害研究センター長・教授の河田惠昭先生に「東南海・南海地震に備える」と題してご講演をいただきました。

 午後からの意見交換では、赤十字奉仕団奈良県支部委員会中谷委員長から、赤十字中央委員会常任委員についてご発言があり、今後の第4ブロック推薦常任委員の選出等について確認が行われました。
河田先生の講演
北野委員長の挨拶
 
○  本社モデル奉仕団指定に伴う姫路市赤十字奉仕団活動の取材が行われました。
 平成20年11月19日(水)に本社モデル奉仕団に指定された姫路赤十字奉仕団(子育て支援事業)の取材が下蒲田公民館で行われました。

 取材では、日本社会事業大学村上浩一教授から有馬委員長をはじめ各分団長に対し活動状況について聞き取りが行われ、その後、実際に活動している様子を視察されました。

 この活動事例は、後日本社で作成される赤十字奉仕団活動事例集に纏められます。
親子で遊ぼう(子育て支援)@
親子で遊ぼう(子育て支援)A
聞き取り取材
 
○  平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会(中播磨・東播磨地域対象)を開催しました。

 平成20年11月18日(火)地域赤十字奉仕団員研修会を姫路護国神社内白鷺宮参集殿で開催しました。

このたびの研修会には、東播磨・中播磨地区の9奉仕団から37人の団員が参加し、赤十字活動指導講師市橋先生による「赤十字を知ろう!」、非常食体験、「日本赤十字社の災害救護活動について」、そして姫路赤十字病院の家庭看護法指導員による災害時高齢者支援講習を受講していただきました。

市橋講師の講義
非常食体験
災害時高齢者生活支援研修
 
○  平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会(但馬地域対象)を開催しました。
 平成20年11月7日(金)兵庫県立但馬長寿の郷(養父市)で、平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会を開催しました。当日は、豊岡市、丹波市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町の各赤十字奉仕団から団員22人が参加され、午前は「赤十字を知ろう!赤十字ってどんな団体?」と題して阿部赤十字指導講師に講義いただき、午後からは非常食体験、日本赤十字社の災害救護活動や災害時高齢者生活支援講習を実施しました。参加した奉仕団員の皆さんは、講義に熱心に耳を傾けるとともに、講習などの実技にも積極的に取組んでいました。
安部講師講義
リラクゼーション1
リラクゼーション2
 
○  愛知県赤十字奉仕団との交流会を開催しました。
 平成20年11月6日(木)に兵庫県支部7階大会議室で愛知県赤十字奉仕団・兵庫県赤十字奉仕団交流会が開催されました。

 交流会には、愛知県赤十字奉仕団から40人と愛知県支部職員2人、兵庫県赤十字奉仕団から16人と兵庫県支部職員3人が出席し、兵庫県赤十字奉仕団北野委員長の挨拶から始まりました。

 交流会では、兵庫県赤十字奉仕団の北野委員長、神戸市赤十字奉仕団原委員長、淡路市赤十字奉仕団太田委員長から、阪神・淡路大震災での奉仕団の活動等について発表があり、続いて刈谷市赤十字奉仕団笠松委員長からモデル奉仕団としての活動、岡崎市赤十字奉仕団太田委員長から8月28日の愛知県豪雨災害時の活動、愛知県赤十字救急奉仕団山田副委員長から救急法普及活動等について発表があり、そのあと質疑応答、意見交換を行いました。

愛知県支部委員会 神谷委員長 挨拶 兵庫県赤十字奉仕団 北野委員長 挨拶
神戸市赤十字奉仕団 原委員長 発表 交流会風景@ 交流会風景@
 
○  平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会(北播地域対象)を開催しました。
 平成20年10月21日(火)中町備蓄庫2階研修室で平成20年度地域赤十字奉仕団員研修会を開催しました。当日は、加東市、三木市、西脇市、多可町の各赤十字奉仕団から団員21人が参加され、午前中は赤十字の歴史や国際赤十字について黒川指導講師から講義があり、午後からは非常食体験、日本赤十字社の災害救護活動や災害時高齢者生活支援講習を受講しました。参加した奉仕団員の皆さんは、熱心に耳を傾けるとともに、実技にも積極的に取組んでいました。
リラクゼーション 講義 毛布やタオルケットを使ったガウン
 
○  ふれ愛まつり2008(洲本市健康福祉まつり&社協のつどい)に参加しました。

 平成20年10月12日(日)10時から15時まで、やまて会館(洲本市総合福祉会館)においてふれ愛まつり2008(洲本市健康福祉まつり&社協のつどい)が開催され、赤十字のコーナー(防災)では、洲本市赤十字奉仕団員20人が「非常食の炊出し(600食)」を行い来場者に配布をおこないました。

  また、子どもに大人気の「熱帯魚すくい」のコーナーでは、兵庫県青少年赤十字賛助奉仕団員(2人)にご協力をいただきました。 他にも、AEDを使った心肺蘇生法の体験や救援物資の展示を行いました。

非常食の配膳をする洲本市赤十字奉仕団員 熱帯魚すくいコーナー 非常食の試食の長蛇の列
 
○  洲本市赤十字奉仕団の結団式が開催されました
 平成20年10月8日(水)洲本総合福祉会館(やまて会館)において、濱田洲本市副地区長、和田洲本市議会議長、太田兵庫県赤十字奉仕団副委員長、洲本市赤十字奉仕団員約40人出席のもと結団式が行なわれました。洲本市赤十字奉仕団は平成16年の台風23号の影響などにより平成17年度に解散していましたが、市内の内町(うちまち)地区の民生委員の方々を中心に再結成されました。結団式では、東田兵庫県支部事務局長から萩原委員長に赤十字奉仕団旗が手渡されました。
萩原委員長の挨拶 太田兵庫県赤十字奉仕団副委員長の挨拶 東田事務局長から奉仕団旗を交付
 
○  平成20年度西播磨赤十字奉仕団研修大会が開催されました

 西播磨赤十字奉仕団研修大会が7月30日(水)に上郡町生涯学習支援センターを会場に開催されました。

 この研修大会には、地域赤十字奉仕団や上郡町内の各種団体、青少年赤十字加盟校等272人が参加し、各班に分かれて炊き出し訓練、テントの設営訓練、AEDを使った心肺蘇生法、三角巾を使ったきずの手当、災害時高齢者生活支援に取組み、万一の災害発生時に備えた知識や技術の習得を行なうとともに、広域災害が発生した場合の各市町の連携も視野に入れた訓練となりました。

【参加団体】

相生市赤十字奉仕団、たつの市赤十字奉仕団、赤穂市赤十字奉仕団、宍粟市赤十字奉仕団、太子町赤十字奉仕団、佐用町赤十字奉仕団、上郡町連合自治会、上郡町民生委員児童委員協議会、西播磨福祉地区婦人共励会、青少年赤十字加盟校;上郡町立山野里小学校・上郡町立佐用中学校・佐用町立佐用小学校・佐用町立上津小学校、日本赤十字社兵庫県支部西播磨地区、日本赤十字社兵庫県支部

研修大会 開会式

非常食試食
テント設営訓練
きずの手当研修
災害時高齢者生活支援講習
心肺蘇生法研修1
心肺蘇生法研修1
 
○  平成20年度第1回地区赤十字奉仕団委員長会を開催しました 。    【委員長会義次第】(pdf)

7月24日(木)、ひょうご女性交流館において各地区赤十字奉仕団委員長及び各地区事務担当者及び兵庫県支部職員74人が出席し、平成20年度第1回地区赤十字奉仕団委員長会を開催しました。

 本委員長会において、平成20年度モデル奉仕団及び地域赤十字奉仕団員研修会を県内5カ所で実施することが決定しました。

重点奉仕活動
平成20年度モデル奉仕団
地域防災に関する活動
神戸市中央区赤十字奉仕団
尼崎市赤十字奉仕団

青少年赤十字の普及、育成に関する活動

神戸市灘区赤十字奉仕団
稲美町赤十字奉仕団
高齢者・子育て支援に関する活動
神戸市東灘区赤十字奉仕団
神戸市須磨区赤十字奉仕団

          *地域赤十字奉仕団員研修会会場

             @中町備蓄庫2階研修室

             A兵庫県立但馬長寿の郷 

             B姫路護国神社護国会館

             C兵庫県龍野庁舎     

             D兵庫県支部7階大会議室

             (日程等詳細については、各奉仕団に通知されます。)

 

 

                                                地区委員長会で挨拶される

                                             北野美智子兵庫県赤十字奉仕団委員長

 
○  洲本市赤十字奉仕団が再結成されました
 

 平成20年6月29日(日)、洲本市内町地区の民生委員の方々を中心に洲本市赤十字奉仕団が結成され、同日、洲本市主催による消防訓練において炊き出し等の活動を行ないました。

 洲本市赤十字奉仕団は、平成16年10月の台風23号による被災などといった様々な要因が重なりあって活動ができない状態となり、平成17年度に解散となっていましたが、現在、東南海・南海地震の発生が懸念される中、災害発生時には地域住民の方々の災害救護支援を行なうとともに、平時には健康で安全な生活を送るための諸活動を行なうことを目的として再結成されました。洲本市赤十字奉仕団の結成により、兵庫県内の地域赤十字奉仕団は47団となりました。

奉仕団として始めての炊き出し 訓練参加者への非常食の配布
 
○  中播磨地区赤十字奉仕団員研修会が開催されました。

      6月15日(日)神河町グリンデルホールにおいて、中播磨赤十字奉仕団員研修会が開催されました。

    この研修会には、笹倉雅人日本赤十字社兵庫県支部中播磨地区長、市川町、福崎町、神河町の各分区長

   (町長)並びに約300人の奉仕団員の方々が出席し、式典の部では奉仕団信条の唱和に始まり、中野史子

    中播磨地区赤十字奉仕団委員長、笹倉中播磨地区長、東田兵庫県支部事務局長からそれぞれ挨拶があり、

  その後、来賓紹介が行なわれ、中島富久代前神河町赤十字奉仕団委員長に中播磨地区長から表彰状が贈呈

  されました。

      そして、研修の部では「ひょうごの赤十字この1年2007」のビデオ上映、「もっと身近に赤十字」

    と題して奉仕課長が講演をさせていただき、奉仕団員の方々に赤十字の事業や活動等について理解を深めて

    いただきました。

      また、本研修会で、6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震に対する義援金及び中国四川大地震・

    ミャンマー・サイクロン災害に対する救援金の募集をおこなっていただき、研修会終了後、中野委員長

    から東田事務局長に手渡されました。

中野史子委員長の挨拶

中島富久代前委員長への表彰状贈呈
 
○ 「ナイチンゲール生誕祭」が開催されました。

   現代看護の基礎を築いたといわれるフローレンス・ナイチンゲール女史(1820〜1910) の誕生日である

  5月12日、川西市内の中心部を見渡せる小高い丘(川西市花屋敷1丁目)に立つナイチンゲール像の前で、

  午前11時から川西市赤十字奉仕団(岡田須美子委員長)主催による生誕祭が執り行われました。

   生誕祭には、大塩川西市地区長(市長)をはじめ兵庫県議会議員や芦屋市赤十字奉仕団員等約60人が

  出席し、カーネーションなどの花を像の前に捧げ、人道と博愛、奉仕の精神を誓いました。川西市赤十字

  奉仕団では、20年以上にわたって誕生祭をおこなっており、毎年、県外からも多くの方々が献花に来ら

  れています。

   このナイチゲール像は、岡山県吉備津に所在する宗教法人「福田海(ふくでんかい)」の創始者、中山通幽

  が晩年を病んで大阪日赤病院に治療中、献身的な白衣の天使に深く感激し、その感激を後に残さんものと

  造像の願いを起こし、1936年にこの地に建立をみた像で、ロンドンに建つ女史の像を原型にしており、

  世界にただ2基という珍しいものです。

ナイチンゲール像 川西市地区長献花 「あこがれの赤十字」合唱
 
 ○ 「姫路市地区赤十字のつどい」が開催されました。

   5月8日(木)姫路市市民会館大ホールで、「平成20年度姫路市地区赤十字 のつどい」が開催

  されました。 本つどいでは、姫路市赤十字奉仕団員等約400人が参加し、救急法講習や スポーツ

  エクササイズ・デザイナーの己抄呼(Misako)氏に 「己抄呼〜Misako〜の笑う体操!」と題しての

  講演等を行ないました。

  開会式の様子    三角巾での包帯法研修  
 
 
 ○ 「川西市赤十字奉仕団大会」が開催されました。

   平成20年4月16日()川西市文化会館2階レセプションルームにおいて、第51回川西市赤十字

  奉仕団大会か開催されました。

   奉仕団員約50人が参加する中、岡田奉仕団委員長、水田副地区長、土田市議会議長、東田兵庫県支部

  事務局長等の挨拶に続き、平成19年度事業報告、会計決算報告、平成20年度事業計画及び予算について

  審議、承認されました。

   また、記念講演では、東田事務局長が「南海地震に供える 〜阪神・淡路大震災の教訓を踏まえて〜」

  と題して講演を行いました。

 

大会で挨拶される

岡田奉仕団委員長

 

 

問合せ先:【問合せ先】日本赤十字社兵庫県支部 事業部奉仕課 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-4-5  Tel:078-241-9889 Fax:078-241-6990
Copyright(C)2005 Japanese Red Cross Society Hyogo Chapter.All rights reserved.