採用情報

先輩の声

増田 崇人

「人の役に立ちたい!」
気持ち、日赤の仕事そのものです。

姫路赤十字病院

所属部署 事務部 医事課

入社年度 2017年

入社のきっかけは?

 実は…警察官になりたくて警察学校に通っていました。子供の頃から大学まで剣道教室に通い、自分にとって「警察官」があこがれの職業だったからです。ところが警察学校在学中、怪我をしてしまったことで退学せざるを得なくなり、思い悩んでいた時、赤十字病院職員の姉から勧められ、ここの職員募集に一路の光を見出しました。以前から、献血活動にはよく参加協力していたこともあり「日本赤十字社」が自分にとって身近であったこと。そして警察官でなくても、何かヒトの役に立つことができる!と思い、『姫路赤十字病院』で働くことを決めました。

現在の仕事内容は?

 私は、主に入院患者様の入院に係る費用計算をしています。午前中退院が多いので、午前中はほぼ退院される患者様の費用計算業務をおこないます。午後は、入院中の処置/手術関連費用や投薬など、詳細にわたり電子カルテを参照し、間違いなく会計システムに入力する業務をこなしています。単に数字入力だけでなく、疑問点があれば担当医師や看護師に都度確認し、絶対に間違いのないよう注力して取り組んでいます。また依頼があれば、入院患者様に直接、費用の説明もします。高額療養費制度についても、患者様の不安や負担を少しでも和らげることを考え、積極的に説明を行っています。

うれしかったこと、やりがいは?

 入院費用計算業務は、病院の収益に直接関わる大切な事務方の仕事の一つです。入力漏れや間違いがあってはならない責任重大な事務業務ですから、当然とはいえ、入力漏れ無く、保険請求が適正にできた時には、自分の任されている業務が収益に直結していることにやりがいや達成感を身にしみて感じます。またスムーズに退院できたと報告をいただいた時には、良かった!と心から思います。優しい先輩や仲間、素晴らしい担当医師や病棟看護師の皆さんとの会話も楽しく勉強になり、充実した日々を過ごせていることも大変うれしいことです。