講習会で学ぶ

赤十字防災セミナー

「自助」と「共助」の力を高め、人々のいのちを守りたい

日本赤十字社は過去の災害から得た教訓を踏まえ、いつ起こるか分からない災害からいのちを守るためには、ご自身とご家族を守る「自助」の力と地域にお住いの皆さんが協力して難局を乗り越える「共助」の力が極めて重要だと考えています。

赤十字防災セミナーを通じて、皆さん一人ひとりが災害と向き合い、被害をより小さくするために必要な備えについて一緒に考えましょう。

赤十字防災セミナーの目的

①「災害への備え」(講義形式)

防災や減災の考え方、地震・津波・風水害がもたらす様々な被害から、平時の備えの重要性を理解する。

②「災害エスノグラフィー」(グループワーク含む)

被災した人々の視点で書き留められた読み物から、被害を追体験し、被災状況をイメージする。

③「災害図上訓練(DIG)」(グループワーク含む)

地域の防災マップの作成を通じ、防災上の資源や危険性を把握し、個人や地域の防災意識を高める。

④「応急手当等」(救急法短期講習との組み合わせ)

身近なものを用いた応急手当をはじめ、一次救命処置(心肺蘇生、AEDを用いた除細動等)を学ぶ。

対象・会場・内容について

対象 町内会・自治会から小学校区程度までの範囲とし、原則として地域住民の方を対象とします。

会場 地域のコミュニティセンター、公民館、学校体育館等

内容 「災害への備え」「災害エスノグラフィー」「災害図上訓練(DIG)」「応急手当等」から必要なものを選択・組み合わせることが可能です。